皮脂の過剰分泌がもたらす毛穴への影響は?

皮脂の過剰分泌がもたらす毛穴への影響は?

皮脂は肌のバリア機能を構成する成分の1つであり、肌を乾燥から守ってくれています。しかし、多すぎる皮脂は逆にトラブルの原因になるものです。


例えば、鼻の毛穴に角栓ができてしまって見た目が悪くなってしまいますし、皮脂をエサにアクネ菌が増殖すればニキビになるし、 皮脂が酸化して刺激性物質ができてしまうと炎症が起こってしまうので肌が荒れてしまいます。


小鼻の赤みの原因でもある脂漏性皮膚炎には皮脂の酸化が大きく関わっていることからもわかるように皮膚疾患はもちろん、 炎症が起きれば活性酸素が発生するため老化を促進してしまうことにもなります。


鼻の毛穴が凸凹になっている人がたまにいますが、あれは鼻の毛穴で活性酸素による炎症が激しく起こった名残なんですね。


というわけで、過剰な皮脂はベタつくばかりではなく、肌トラブルや肌老化につながります。そのため過剰分泌を防ぐためのスキンケアはもちろん、 でてしまったアブラに対する取り除くケアというのも大事です。


まずは生活習慣を見直して、ストレスや睡眠不足など自律神経とホルモンバランスを乱してしまう習慣を整えるというのが大切。 そのうえで洗顔やクレンジング、あぶら取り紙の使い方など皮脂の過剰分泌に対するケアに取り組むようにしましょう。

皮脂の分泌を抑制するスキンケアのやり方

皮脂の分泌を抑制するスキンケアのやり方

皮脂の過剰分泌に対するケアのポイントは以下の通り。


・あぶら取り紙で余剰皮脂を除去
・Tゾーンはしっかり洗顔・クレンジングする
・ビタミンCケアを取り入れる
・肌の水分保持力を高める保湿成分で保湿する


オイリー肌なのか、それとも乾燥から皮脂が過剰分泌されているのかをまず知る必要があるので肌質をチェックしておきましょう。やり方は洗顔後の肌をそのまま10~15分間放置するだけ。


放置時間が経過した後の肌を触ってみて、カサカサやツッパリ感があれば乾燥肌、Tゾーンを中心に脂っぽさを感じるならオイリー肌ということがいえます。


オイリー肌の場合は、しっかり朝晩の2回洗顔したほうがいいと思います。また、日中はこまめに皮脂を取り除くことが必要です。 あぶら取り紙については皮膚科の先生の間でも余計に皮脂分泌を増やすという意見と、表面に浮き出た皮脂だけを取るから増やすことはないという意見に分かれています。


当サイトではあぶら取り紙は使ったほうがいいという立場です。ただし注意点があります。


皮脂の吸収力は、フィルムタイプが一番優れており、次にティッシュ、3番目に和紙タイプという順番です。過剰に皮脂を取り過ぎないことを考えると一番吸収力の弱い和紙タイプのあぶら取り紙を使うことがベストだと思います。


毛穴が目立たなくなる4ステップについて 詳細はコチラ!
Copyright © 2014 解決!小鼻の赤み・黒ずみにおすすめ即効ケアコスメ<Best3>· All Rights Reserved·